「ミュゼ」の産毛の処理

脱毛というと、ワキや脛など衣服から露出するところを行うひとが多いものです。以外に重要なのが、産毛の処理です。顔などは特に産毛があると化粧のノリが良くなかったり、顔が黒っぽく見えてしまったりと、邪魔な存在と言えます。産毛まで脱毛できると、肌がとてもキレイになります。しかし、多くのサロンでは産毛の脱毛は簡単にはできないのです。というのは、脱毛サロンで行う光脱毛は黒い色素に対して光が反応しますが、白っぽい毛には反応せず、そのために産毛には対応出来ないのです。
しかし「ミュゼ」では産毛の脱毛まで行え、肌がツルツルになると評判です。実は「ミュゼ」では、脱毛をする際に特別な美容ジェルを塗っています。この美容ジェルには抑毛効果がある成分が含有されているのです。今まで通常光脱毛だけでは対応しきれなかった細くて白い産毛でも、この美容ジェルのおかげで処理できるようになっています。産毛を自分で処理している人は注意が必要です。処理をしすぎてしまうと肌がザラザラになってきてしまいますし、剃刀などでの処理では肌にかなりのダメージを与えてしまいます。柔らかい産毛だからと言って、簡単に考えない方がいいでしょう。
「ミュゼ」で美容ジェルを使って脱毛処理をすれば、自分で産毛処理する必要はありません。ですから美肌効果も期待出来る様になるのです。「
ミュゼ」では脱毛に関して、いろんな手法を使って行い、脱毛後にはキレイな肌になることを目指しているのです。

医療機関での脱毛と脱毛サロンでの脱毛には違いがあるのです。

脱毛サロンで行っている施術は光脱毛です。光脱毛のなかでも、いろんな脱毛方法があります。フラッシュ脱毛と呼ばれる施術をしているサロンもあれば、「ミュゼ」ではS.S.C脱毛と言う施術をしています。この他にも脱毛サロンではいろんな施術が行われているのですが、そのすべてが光脱毛の域を出ません。医療機関で行われているような、威力があり、効果も高いものではありません。医療機関と同じ機器は使うことが出来ないのです。医療機関で行う施術は医療従事者しか扱えない機器を使用して行われているのです。脱毛サロンはどうしても、従事者以外でも使用出来る、威力が弱い、かつ効果もそれほど高くない機器での施術となるのです。医療従事者でなくとも安全に扱える機器と言う事で、そうなっているわけです。ここに脱毛サロンでの施術に限界があるのです。ただし、その分費用も高めとなっています。また威力が強いために、痛みは強いと言われています。痛みの感じ方などは人によりますが、脱毛サロンの機器よりは痛みが強いのは明らかです。痛みに敏感な人は医療機関での施術は避けた方がいいでしょう。しかし医療機関ではもしも何かトラブルがあった場合にも専門家故に確実な対処をしてくれます。確実性、安全性と言う点では大きく脱毛サロンを上回っていると言えます。だからと言って、医療機関が優れているというわけではありません。脱毛サロンでは医療機関にはないリラックスができ空間があります。医療機関ですと、治療という意味合いです。お客さんではなく、患者として扱われます。しばらく通う事になるところです。できれば気分が良いところで脱毛したいと思う人もいるでしょう。また、医者嫌いなんていう人には、特に脱毛サロンの雰囲気が好まれるでしょうね。またスタッフの接客にしても医療従事者の対応とは根本的に違います。医療機関ではお客さんではなく、患者として対応されます。それに比べて脱毛サロンの接客サービスは良く訓練された、心地よいものと言えます。確かに医療機関と比べてその施術の機器では劣りますが、このように良い部分もたくさんあるのです。どちらにもメリットもあれば、デメリットもあるのです。それをしっかりと理解して自分が通うべきところを選択しましょう。